福岡にはプロペシアとたくさんのAGA治療の選択肢がある

AGA治療が始まる

AGAの治療薬であるプロペシアAGA治療が始まるAGAクリニックは大きな負担

早速2週間ほどで初期脱毛の副作用を感じました。
インターネットで調べたときは、驚くほどの脱毛を体験した人もいるようですが、僕のはちょっと増えた程度でしたので安心しました。
これを乗り越えれば、抜毛も少なくなると感じ、飲み続け、半年も待たずにすっかりと抜毛の本数が少なくなったのは良かったです。
ただこれだけに満足してはいけませんでした。
明らかに薄毛の状態であり、たとえ抜毛の進行を止めることができたとしても、もっと頭髪を濃くしなければ、本数を増やさなければ、希望を実現させることはできません。
そしてその実現では、AGA専門クリニックではない、プロペシアを処方してくれているクリニックには無理難題であることは明らか。
そこで通っていたクリニックを諦めて、専用クリニックに通うことを決心しました。
そこでも基本はプロペシアの処方を受けることを説明されましたが、それと一緒に発毛剤も試してみることになりました。
頭皮に塗布するタイプの医薬品であり、ドラッグストアでも購入することができるけれど、少しだけ価格が安かったです。
もしこれで効果が出なかった場合、他にもたくさんの治療方法があるので、費用と相談して行うことができると説明を受けました。
これこそ専用のクリニックができることになるといった印象です。